私たちが教えたいこと「基本から」

今、世間では、プログラミング的思考の必要性が叫ばれています。
ロボットを組み立てたり、ブロックを並べて作るプログラミングが流行っていますね。

ですが、企業でのプログラム経験のある元プログラマーの私たちが教えたいのは、
上辺だけのプログラミングではありません。基礎がなければ、いつか限界が来ます。
何を学ぶにしても、基礎というのは、とても大事なものです。
こどもたちは、「触っている=わかっている」ではありません。
小学校できちんとした基礎は、教えてもらえません。なぜなら、先生たちは専門家ではないからです。

プログラミングをするとしても、タイピング、ファイル管理、入出力機器の利用、モラルやセキュリティ、ネットやメールの仕組み、クラウド等、必要なスキルです。自分一人でできるようになることが大切です。
たとえ、将来プログラマーにならなくても、知っていて、損はありません。
にわか仕込みではなく、自分の頭で考えることを重点に「基礎から応用へと学んでもらいたい。」
私たちは、そんな思いで、こどもたちの将来を応援しています。

今後もディジタルデバイスを利用しながら、考える力を育て、楽しみながら、できることを増やしていきます。

プログラミング

★ビスケット Viscuit

★プログラミン 

★スクラッチ Scratch

★Hour of Code

★Blockly Games

タイピング

★イータイピング

★マイタイピング

 

 

Homeにもどる