みずの坂・授業内容 2018年12月6日(木)

Scratchで幾何学模様を描こう

今日学んだことは、「ブロックを作る」こと

プログラムのまとまりを一つ作っておく。それをメインのプログラムで呼び出して使う。実際コードを書くプログラミングでは非常によく使う作業です。

全体のプログラムが見やすくなる。別のプログラミングでも利用できる。というメリットがあります。

円を一周描くには角度は何度? 何回描く?

算数は、必要ですね。

一周回るには、360÷15=24 24回動きます。
実際は24角形で、円に近い多角形ということですね。

角度が10度だったら、36回動けばもっと円に近くなります。

模様を描く

円が360度で3角形を描くには、3回動いて、120度必要ですね。

これを「ブロック」を利用して、幾何学模様を描きました。

では、4角形は? 5角形は?

角度を計算するとできます。

2019年1月~3月までの予定をお渡ししました。

学期のまとめのように、これまでの作品をまとめたり、自分で考えたプログラミングを作ってもらって、ミニ発表会をしよう、と考えています。

次回は2018年12月20日(木)

以前に作ったパワーポイントに秋に作った作品を追加する予定です。